.

愛車を買い取ってもらう際、さらに中古車の処分時も印鑑証明というものが必要になってきます。この印鑑証明について解説しましょう。印鑑証明とは、その印鑑が実印で間違いないという事実を証明するための正式な書類です。これがないのであればその印鑑について実印であるかどうかがわかりません。大きなお金が動く取引になる中古車の買取ですので必然的に実印が必要ですが、その際に印鑑証明が出てきます。印鑑証明書を実際に発行するには、はじめに印鑑証明しておかなければなりません。印鑑証明書に登録するはんこは実印と呼ばれ、同じものが二つとないはんこであることが条件です。印鑑を準備して近所の役所へいけば印鑑登録をすることができます。手続きが終わると、印鑑登録カードというものが発行され印鑑登録をしたハンコは実印になったということになります。印鑑証明を交付してもらうには、市役所などの窓口で印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書き込んで印鑑登録カードを持参するだけでできます。さらに、自動交付機を使って印鑑証明書を発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限はないのです。ですので、どれだけ前の印鑑証明でも証明書としての効力は消えないことになります。しかしながら中古車売却の際は、必要になるのは三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。普通は有効期限の定めはありませんが、買い取りのときには相手側が期限を決めているのでもし車両の売却予定の車があるのであれば手放す前に持っておくことが必要です。

Copyright (c) 2000 www.planetweb.biz All Rights Reserved.